冬が旬の生牡蠣によるノロウイルスには気をつけて!

s2zoeijgjjtc5vi1480136973_1480137000

冬といえば牡蠣が旬ですね!特に真牡蠣が旬です。

そんな生牡蠣ですがノロウイルスにかかる可能性もあります。

なので牡蠣とノロウイルスをしっかりと知っておきましょう!

生牡蠣でノロウイルスになぜなる?

ノロウイルスが生牡蠣で起こるのは「海が汚れているから」です。

まぁ完璧に綺麗な海などは存在しないんですけどね。

海中にもウイルスが存在します。
そのウイルスが牡蠣に侵入して生存していると考えられています。

それで海を汚しているのは人間だとも言われています。
人の嘔吐や便などで流れた物は下水処理場で処理されて、川や海に放流されます。しかしその処理が完璧ではないため海にウイルスが万永して牡蠣などの二枚貝にノロウイルスが蓄積されるんです。

なので牡蠣のノロウイルスの原因は人間であると言われています。

それとなんで「生牡蠣」が危険なのか?ですよね。
生牡蠣で危険な理由は「加熱していないから」だそうです。
ノロウイルスは85度以上で1分以上加熱すれば死滅すると言われています。
なので加熱していない、生牡蠣は危険だということですね。

では生牡蠣は全て危険なのか?というとそうでもなく
ちゃんと検査されているものもあります。
しかし検査されたものでも、100%じゃないのでノロウイルスが紛れており食中毒を引き起こす可能性もあります。

なので生牡蠣はある意味「ギャンブル・博打」なのかもしれませんね。

生牡蠣によるノロウイルスの症状

生牡蠣にノロウイルスが含まれていて、食中毒を起こしてしまうとどんな症状が出るのか?

生牡蠣によって起こる症状はこちら!

吐き気・嘔吐

30766

一番多く、つらい症状だと思います。

発症から1週間以上続くことが多いので危険です。

そしてもう一つ気をつけて欲しいのが嘔吐物です。
これをそのままにしていると二次感染につながる可能性があります。

仮に一人暮らしでも放置せずにしっかり消毒などし残さないようにしましょう。

先ほどと話が食い違うのですが
トイレで吐く場合は2回流すなどしたほうが良いです。

あと消毒するときは次亜塩素酸ナトリウムの消毒商品がおすすめです。
おすすめは手軽に使える「ウィルバス」です!

下痢

gatag-00008119

ノロウイルスでは下痢も起こりやすいです。

食中毒なのですぐにトイレがしたくなるような感じがします。

それで1日に何度も下痢をしてしまう…。

あと気をつけて欲しいのは下痢による脱水症状です。
下痢は水分を含んでいるので柔らかくなっています。なので体の水分が減っているということなのでスポーツドリンクなどの水分補給はしっかり行いましょう。

あと下痢にもノロウイルスの菌が生息しているので2回流すなどをして二次感染や再発防止を!

腹痛

gatag-00005412

ノロウイルスでは腹痛が起きることが多いです。

まぁ食中毒ですからね。腹痛が起きることは当たり前です。

服痛の痛みは人によって違うらしく「チクチクしたり」「押し付けれるような」痛みだったりします。

発熱

hatsunetsu_kodomo

ノロウイルスで熱が出るかどうかは人によります。

熱が出ない人もいるのでそこが厄介かもしれませんね。
人によっては腹痛と下痢だけの可能性もあって、ただのお腹を壊しただけかと錯覚してしまうこともあります。

あと熱が出たときはちゃんと水分補給をしましょう!
汗で水分が減ってしまうので。

あと高熱だった場合は病院で受診していただくのがいいですが
解熱薬などがあれば服用しても良いでしょう。
ただ他の薬と併用はしないでください!

牡蠣のノロウイルスの潜伏期間はどれくらい?

calendar2015-11-sp-0100-jp-black-sunday

ノロウイルスは10個でも食中毒を発症するほど強いウイルスです。

1mmの100万分の1の大きさだと言われています。
そんな小ささでもこんな症状を起こすんですから怖いですよね。

それで潜伏期間ですが、どうやら「1日~2日」で症状が現れ
「1週間程」潜伏するようです。

なので1週間の間はできるだけ人には合わないほうがいいかも
ノロウイルスは「接触感染・介護感染・飛沫感染(空気感染)」などで感染する可能性があります。

お尻を拭いた時にノロウイルスの菌が付着してドアノブにつく可能性もありますし
嘔吐物の処理してもらった時にその人に感染する場合もありますし
くしゃみなどで空気感染する可能性もあります。

なのでノロウイルスは結構怖い感染症なんですよ!

冬だけではなく夏も気をつけて!

22b4f008

ノロウイルスは冬に感染しやすいと言われています。

それは生牡蠣など貝類が冬が時期だからだと言われています。
あとノロウイルスは寒いほうが長生きしやすいと言われているのも要因の一つかと思います。

ですがだからといって夏が安全な訳ではありません。

夏でも岩牡蠣が美味しいですからね、ほかの貝類もそうですが
夏でもノロウイルスになる可能性はあります。

あとノロウイルスはほかの最近と違い
人の腸でしか増殖できないと言われているので
海の中で増殖することはないと言われています。(たぶん)

牡蠣のノロウイルスは実はなりやすい・なりにくい血液型があった!

ketsuekigata_character

牡蠣のノロウイルスになりやすい・なりにくい血液型がありました。

ノロウイルスといっても何種類もあります。
その中の一部になりにくい血液型があったのです。
それは「B型O型」だといわれています。
B型もO型もある型のノロウイルスにかからないみたいです。

しかしA型はそのようなものはないみたいです。
逆にA型はある型のノロウイルスにかかりやすいと言われています。
なのでノロウイルスに一番なりやすいのは「A型」だったんです!

A型のあなたは気をつけましょうー。

牡蠣でノロウイルスを発症しないための対策はどうすればいい?

牡蠣を食べてもノロウイルスにならないようにするには
しっかりと対策するのが大事です。

ではおすすめの対策法を4つご紹介!

冷凍でもしっかり加熱する

reitouko

実はノロウイルスは冷凍しても死滅しません

ノロウイルスは寒さに強く、熱さに弱いです。

-0度でも生き、-20度で数年生き、-80度で数十時間生きます。

それくらい寒さには強いのです!
なので冷凍してあるものもしっかり加熱してあげるのが大事です。

冷凍牡蠣でもしっかり加熱!覚えておきましょう。

生牡蠣は検査されているものを

kenkyu_woman

どうやら牡蠣には検査というものもあるみたいです。

検査して陰性かどうかを検査しています。

しかしそれで100%安心かというとそうでもないようです。

検査も完璧ではなく、見逃してしまう可能性もあり
検査された生牡蠣が絶対に安心ってわけではないですね。

なので出来れば加熱した物の方が安心です。

市販のカキフライでも電子レンジで加熱する

lgi01a201409041200

市販の牡蠣フライは加熱してるので大丈夫だと思うのですが
念の為に少し加熱してみるのもありかと!

まぁよく食べ物に食中毒になりうる菌があるっていうニュースもありますしね。自分で対策するのが賢い選択だと思いますよ。

なってからクレームじゃ遅いですから。
ならないように自分の身は自分で守りましょう。

今日中に食べる

4ea446c4-833d-4aeb-88a1-840afe1f5faa

牡蠣を明日まで取っておくことはしないほうがいいかも。

まぁ衛生的にしないほうがいいってことです。
ノロウイルスだけで細菌ウイルスではないので。

基本食べ物は1日で食べるようにしましょう。