コーヒーを飲んでも眠くなる理由は実は砂糖が原因だった!

mzwajcczmvdf4bs1475033574_1475033642

缶コーヒー、ボトルコーヒー色々コーヒーってありますよね。

でもそれを飲んでも何だか眠い…。そんな経験はあるでしょうか?

実はそれ「砂糖」が原因なんですよ?

「え?砂糖?」って思う方も多いかと思います。ブラックだと苦いから砂糖やミルクなどを入れて飲むほうが多分多いことでしょう。しかし砂糖っていうのはコーヒーを飲んでも眠気が飛ばない原因だったのです!

コーヒーの砂糖が眠気に関係している理由は?

コーヒーに含まれる砂糖が眠気に関係しているそうです。

砂糖っていうのは糖なので簡単に言うと「糖分」です!

なので炭水化物と何ら変わりはないのです。

だから取れば炭水化物を取っているのと同じことで、ご飯を食べているのと同じ状態です。

ご飯を食べれば血糖値が上昇し脳への血液循環が減ります。なので食後は脳に血液量が少なくなり眠くなるんです。

なので結局コーヒーで眠気を覚ましても、砂糖の作用によって眠くなってしまうってことですねー。しかもコーヒーの眠気覚ましの効果は30分後に出ますしねー。

実は缶コーヒーには角砂糖3個分含まれている

70a420d06bc29662f0e6275715be8f04_s

缶コーヒーって美味しいですよね。ほのかな苦味と甘み!

ですがよく考えたらあんなに苦いコーヒーがあんなに美味しくなっていると言うことはかなりの砂糖を使っているのでは?

そう思い調べた所なんと「角砂糖が3個分」の糖分が含まれていました!

正直かなり多いですよね…。

一応微糖でも調べたんですけど、角砂糖1個分は含まれていました。

正直十分多いといえるでしょう。ただまぁ白米よりは少ないとは思いますけど。

コーヒーで眠気が飛ぶのはカフェインのおかげ!

bb09a7da3908d501d1bf40892e1d2bba_s

コーヒーを飲むと眠気が飛ぶと言われているワケは「カフェイン」の効果によるものです。

カフェインには、アデノシンの働きを抑制する効果があります。アデノシンとは眠気を誘発したりする効果があるため眠気の原因の1つにアデノシンが有ると言っても過言ではないでしょう。

カフェインはそのアデノシンの働きをブロックし、眠気の誘発を押さえるという事ですので眠気を覚ますということですね!

このようにカフェインによって眠気を覚ましたりする効果を「覚醒作用」と呼ぶようです!

効果は30分後に現れ、その作用は10時間以上続くこともあるみたいです!!

缶コーヒーで眠気を覚ます方法

では缶コーヒーでは眠気を覚ますことは出来ないのか?

もちろん飲み方とか飲みコーヒーによっては変わってきますよ!

眠気を覚ましたいならこのコーヒーを飲みましょう!!

ホットで飲む

08bfb59ba17db1f68691d816fa3dcea3_s

缶コーヒーもホットで売っていますよね。

実はホット、温かいコーヒーの方がカフェインによる作用が早いと言われています。

なので飲んですぐに眠気が覚めるということです。

逆に言えばアイスコーヒーだと効果が現れるのが遅くなります。

場合によっては1時間後とかに来ることも?

ブラックコーヒーを飲む

アサヒ ワンダ 極 ブラック ボトル缶 400g×24本

やはり決めてはブラックコーヒーを飲むことでしょうね。

ブラックコーヒーなら砂糖・ミルクを使っていないので眠くなることもないでしょう。

しかもあの味からも眠気がスーッと引いていくことでしょう。

サラリーマンがブラックコーヒーを飲む理由がわかりましたね!!

結局食後の眠気はは糖質の摂り過ぎって事ですね!

食後の眠気を来ないようにしたいならあまり食べすぎないことです。特に炭水化物は眠くなる原因です。腹八分目にして置きましょう。

少し腹が減ったら、コーヒーやゼリー状の飲み物などで過ごしましょう。

お腹いっぱいによる眠気より、空腹の方が絶対に良いですよ!