2016年のヘルパンギーナの流行は昨年より10倍患者数が多い!

シェアする

Herpangina (2)

7月~8月にかかりやすいヘルパンギーナが最近流行ってきているらしいです。

高熱などが主な症状で子供がかかりやすいと言われていますが実は大人も十分かかりやすく最近では放送作家の鈴木おさむさんも発症したんだとか!?

ヘルパンギーナとは一体どんな症状なのか?子供と大人では違い所はあるのでしょうか?

2016年は結構多いみたいですよ!ヘルパンギーナ!

ヘルパンギーナとは

ヘルパンギーナとは、5歳以下がかかりやすいエンテロウイルスが原因のウイルス感染症です。主な症状は高熱で、別名【夏かぜ】とも言われている。時期は6月~8月で、一番流行しやすく7月が最も多い。あとは口内炎や喉の痛みが出ることもあるみたいです。

ヘルパンギーナの原因

Herpangina (1)

ヘルパンギーナは、エンテロウイルスというウイルス感染症です。

なので飛沫感染・接触感染などが主な感染ルートだと思います。

出来るだけヘルパンギーナに感染した人の近くに寄らないこと!
あとその人が口にしたものなどは摂取しないことですね!

ヘルパンギーナは大人も発症するが重症!

Herpangina (3)

ヘルパンギーナは、大人でも発症しますが実は大人の方が重症だと言われています。

大人は免疫力の高さからかかりづらいと言われていますが、免疫力が低下した場合は感染しやすく発症してしまう場合があるようです。

大人の方が症状が重くて長いのが特徴!口内炎や水ぶくれも子供よりも大きいです。

なので意外と大人の方が意外と大変なんですよ!

ヘルパンギーナの症状とは

Herpangina (1)

ヘルパンギーナは7月に流行りやすく6歳未満にかかりやすい感染症で症状も高熱が出るのでインフルエンザと間違えやすいのが特徴です!

まぁ、インフルエンザは11月~12月に流行してピークは2月~3月なので時期としては違っていますね。

まぁインフルエンザは冬!ヘルパンギーナは夏!だと覚えておきましょう。

そしてヘルパンギーナはインフルエンザのような症状が出ます!
ヘルパンギーナの症状をいくつかピックアップしたいなと思います。

38度以上の高熱

Herpangina (4)

ヘルパンギーナは、38度~39度!場合によっては40度以上出ることもあります。

そして5歳以下にかかりやすいので、かなり危険だといえます。

感染症などで安静にしていれば3日~4日で熱は治まってきます。

口内炎や水ぶくれ

Herpangina (5)

ヘルパンギーナはウイルス感染症なので口内炎も一緒に発症しやすいのが特徴です。

元々口内炎はウイルスが主な原因ですので。

さらに水ぶくれ(水疱)が出来ることがあるようです。
水疱も口内炎と同じくウイルスが原因です!なので水ぶくれを発症するんです。

喉の痛み

Herpangina

ヘルパンギーナは、ウイルスにより喉に炎症が起こりやすいのが特徴です。

特に、のどちんこ(口蓋垂)辺りに痛みが生じやすいようです。

倦怠感・関節痛

Herpangina (6)

ヘルパンギーナは、高熱が出るので風邪のようなだるさ関節の痛みが出ることがあるようです。

なので風邪と見分けづらいですが、口内炎があるとヘルパンギーナの可能性アリです!

まぁどっちにしろ病院での検査をした方がいいので、高熱が出た時は病院に診察しに行くことをオススメしますよ。

下痢や嘔吐

Herpangina (7)

ヘルパンギーナは、下痢や嘔吐が出ることがあるみたいです。

この症状はどちらかと言うと子供よりも大人の方が多い傾向にあります。

まるで食中毒のような感じなのでどれほど重症なものなのかがわかりますね。

ヘルパンギーナは大人と子供で症状の違いはある?

Herpangina (8)

ヘルパンギーナは子供と大人で症状が違いのでしょうか?

答えはNOです! 特に症状の違いはありません。

ですが違うところもあります。
それは重さと長さです!

大人の方がヘルパンギーナの症状がおも良いと言われていて、そして感染期間も長いと言われています。

子供は3日~4日で治ることが多いですが、大人は一週間かかることもあるみたいです。

また潜伏期間も1ヶ月ほどあり、大人の方が実は危険!

ヘルパンギーナの治療はお薬?

Herpangina (9)

ヘルパンギーナの治療にはどうするのかというと実は特効薬はないんだって。

なので基本的には症状を緩和させる薬を投与して自然回復するのを待つという感じです。

ヘルパンギーナは子供なら3日~4日、大人なら4日~7日程なので自然と治るのを待ちましょう。

あと口内炎も出来やすいので、刺激が強い料理は食べないほうが良いですよ。

あと高熱で汗をかいているでしょうから水分補給は大切に!

ヘルパンギーナの最大の予防は?

Herpangina (10)

ヘルパンギーナは、ウイルスの感染症です。

なので人から人へ感染することも多いでしょう。

なので手洗いうがいはやはり大切です!

あと免疫力を高めておきましょう!
免疫力を高めるにはタバコを止めて、しっかりと睡眠をとることです!
あと軽い有酸素運動を取り入れましょう。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今話題のおすすめ記事

ビタミンが吸える電子タバコを実際に購入レビューしたのをまとめています。

またオススメベスト5もご紹介!

詳細ページはこちら

スポンサーリンク