寝てる時によだれが出る原因は口呼吸なのでいびきもかきやすい!

シェアする

7968c2169e4b9a5ff5b317f959f90857_s

睡眠中にヨダレが出ることはありませんか?

その主な原因は「口呼吸」だと言われています。

寝てる時の呼吸は鼻呼吸が普通で口呼吸はいびきの原因になります。

では口呼吸になってしまう理由は何でしょう?もしかすると病気の可能性も!?

寝てる時によだれが出る原因は口呼吸!?

寝てる時によだれが出てしまうのは口呼吸の可能性があります。

口呼吸の人は口を開いたまんま息をするので口の中が乾燥します。なので人の生理現象として唾液を分泌して口の中の乾燥を防ぎます。その時の唾液がよだれとして出てしまっているのかも知れません。

いびきの原因になる?

いびきの人の殆どが睡眠時は口呼吸になっていると言われています。

その理由は口呼吸だと軟口蓋(なんこうがい)が落ち込み、下あごが下がるからだと言われています。そうなると気道が狭まりいびきをかきやすいと言われています。

これがいびきの原因。そして気道が狭くなりすぎると最終的に呼吸できなくなり睡眠時無呼吸症候群を引き起こします。心筋梗塞の発症につながるため死の危険性もある。

寝てる時に口呼吸になるのは病気?

寝てる時に口呼吸になるのは病気の可能性もあります。

では一体どんな病気の可能性があるのか?

嚥下障害(えんげしょうがい)

嚥下障害とは、嚥下(えんげ)という飲み込む機能が低下してしまうことを言います。それにより唾液を飲み込むことが出来なくなり口の中に貯まり溢れてしまう…。

寝てる時によだれがでるのは嚥下障害かも?

ただ嚥下障害は普通の食事の時でも飲み込みづらさを感じるはずです。もし食事の時だけ起こるのは睡眠時にだけ起こっているか、ほかの病気の可能性があります。

後鼻漏

後鼻漏とは、鼻水が喉に流れることをそう呼びます。

なので寝ている時に後鼻漏で鼻水が口の方へ流れて行き口から出ているのかもしれません。つまり寝てる時にでるよだれはもしかすると鼻水かも!?

口呼吸の人は気道が狭くなっているので溜まりやすいですね。

唾液過多症

唾液過多症とは、唾液の量が増えているのが理由です。

増える理由は様々ですがそれが理由で口に唾液が溜まりよだれが出るのかも知れません。

寝てる時によだれが出るのは唾液過多症かも!?

無呼吸症候群

無呼吸症候群とは口呼吸などで気道が狭まってしまいいびきが起きます。そして気道がより狭まって閉じてしまうと無呼吸症候群を引き起こす。

この状態では当たり前ですが唾液が喉を通らないので溜まってしまいます。無呼吸症候群は中には10秒以上呼吸できなくなる人もいます。なので寝てる時によだれが出るのは無呼吸症候群の可能性があります。

寝てる時によだれが出るといけない理由

寝てる時によだれが出るのって別に放って置いても良くない?

そう思っている方もいるでしょうが実は寝てる時によだれが出るのは口呼吸の可能性があって口呼吸は様々なデメリットがあるのです!

睡眠中の呼吸が口だとマズイ?

人が寝てる時は基本「鼻呼吸」です。

鼻で呼吸すると細菌やウイルスなども鼻毛でガードされ侵入されにくく、空気も温められて喉を保湿してくれます。しかし口呼吸だと細菌やウイルスが喉の直接入りますし、冷たい空気のまま入るので風邪などの原因にも繋がる。

なので寝てる時に口呼吸は良くないのです!!

口呼吸はいびきをかきやすい!

いびきの原因は軟口蓋が落ち込み、下あごが下がるので気道が狭くなりいびきをかきやすいと言われています。そうなってしまうのは主に口呼吸だからです!

口呼吸はせずに、鼻呼吸で睡眠すればいびきも改善することが分かっています。

いびきは悪化すれば睡眠時無呼吸症候群にも繋がり命の危険性もある。

花粉症の発症の原因にも

花粉症になる可能性があるみたいです。口呼吸だと。

逆に鼻呼吸の方は、花粉症になりにくい!

なので口呼吸の方は花粉症になるリスクも高まる。

寝てる時によだれを出ないようにするには?

寝てる時によだれが出ないようにするにはどうすれば良いのか?

それはいくつか方法がある。その方法をご紹介します。

普段から鼻呼吸にする

普段から鼻呼吸だと、睡眠中も自然と鼻呼吸になりやすいと言われています。

なので普段から鼻呼吸にしましょう!正しい鼻呼吸のやり方はこちらです。

  1. 舌を上あごに付ける
  2. 上あごに付けたまま鼻で息をする
  3. 常に離さないように心がけましょう。

なぜ上あごに舌を付けるのかというと人が鼻で呼吸するとどうしても口に息が入ってしまいます。なのでそれを防ぐために舌を上あごにつけることで口に空気が入りにくくする事が出来ますので鼻呼吸がしやすくなり、勢いが増す!

マスクを口だけ装着

マスクを口だけに装着することで口での呼吸がしづらくなるので自然と鼻呼吸になるというやり方ですがただ本当に鼻呼吸になっているのかは疑問があります。

普段のマスクなら良いかもしれませんが睡眠時に使っても本当に効果があるのかは不明。

ブリーズライトを使う

ブリーズライトとは、鼻の通りをよくする「鼻腔拡張テープ」です。

これを貼るだけで若干、鼻が広くなります。

鼻呼吸できない人は鼻が詰まってたり、鼻の穴が小さい人です。

なのでブリーズライトで解消しましょう。

マウステープを使う

マウステープとは口にテープを貼ることで口が開かないようになります。

そうすれば強制的に鼻呼吸にできますね。寝てる時のよだれは主に口呼吸で口が開いてしまっているのが原因です。なのでそれを閉じることが出来ればOKですね。

男性から女性までフィットする大人気のマウステープはこちら

まとめ

以上が寝てる時のよだれについてでした!

睡眠時の口呼吸はいびきに繋がり、病気の可能性も出てきます。

なのでブリーズライトやマウステープなどで対策することをおすすめします!

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今話題のおすすめ記事

ビタミンが吸える電子タバコを実際に購入レビューしたのをまとめています。

またオススメベスト5もご紹介!

詳細ページはこちら

スポンサーリンク