1日のアルコール摂取量の適量の目安

お酒を飲むにわたって、アルコールの摂取量は気にしなくてはいけません。

お酒を嗜むなら「適量飲酒」です。

ではどれくらいの量が適量なのでしょうか?アルコール摂取量の適量の目安をご紹介。

ビール・日本酒・焼酎・ワインの適量

ビール 日本酒 焼酎 ワイン
度数 5度 15度 25度 15度
適量 500ml 180ml 90ml 180ml

こちらが「ビール・日本酒・焼酎・ワイン」の適量です。

度数によって、摂取量が違ってきますね。といっても15度と30度では適量が半分かというとそうでもないですね。度数は倍でも適量は少なかったり、多かったりします。

意外と適量っていうのは分かんないものです。

お酒は適量飲むとこんな効能が!

お酒は飲みすぎてはいけませんが、適量ならいい効果を得ることができます。

ではどんな効果なのでしょうか?

ビールの効能

ビールには、様々な効果が認められています。

特に病気の予防効果が高いそうです。

その効果は10個程ありました!

  1. 心臓病を予防
  2. 認知症を予防
  3. 2型糖尿病を予防
  4. 尿石を予防
  5. がん細胞を抑制
  6. コレステロールを下げる
  7. 血圧を調節する
  8. 骨粗しょう症を予防
  9. フケを予防
  10. 血行促進

日本酒の効能

日本酒の効能はこちらです。

美容に良いと、女性の間で人気のお酒ですね。

モデルさんや女優さんなんかも取り入れてるとか?

  1. アンチエイジング効果
  2. 新陳代謝を高める
  3. 美肌効果
  4. ダイエット効果
  5. 血行促進

焼酎の効能

焼酎にはこんな効果があります。

焼酎は疲れた体を癒す効果が高いそうです。

その他にも健康効果・美容効果がございます。

  1. 美容効果
  2. ダイエット効果
  3. 疲労回復
  4. 血行促進
  5. リラックス効果

ワインの効能

ワインにはこのような効能があります。

ワインのポリフェノールは病気を予防します。

風邪を引かなくなるとまで言われている。

  1. がん予防
  2. 認知症予防
  3. 血圧を下げる
  4. アンチエイジング効果
  5. 美肌効果

毎日飲むのではなく休肝日を設けよう!

お酒の適量をご紹介しましたが、毎日飲むのはよくありません。

1週間に3日は休肝日を儲けましょう。

つまり「飲酒⇒休肝日⇒飲酒…」と1日置きに飲むのが一番おすすめ。

禁酒する方が健康にはいいとは思いますが、禁酒でストレスを感じるなら無理に辞める必要はありません。

2日に1回のお酒にすると良いです。最悪毎日飲んでも適量を超えないようにしましょう。

おつまみと一緒にお酒は呑みましょう

お酒だけ飲むのはあまり良くありません。

おつまみと一緒に飲むのが良いですよ。

おすすめのおつまみはこちらです。

  • 枝豆
  • 豆腐
  • 漬物
  • お刺身
  • キムチ
  • スルメ
  • ナッツ
  • 刺身こんにゃく

まとめ

以上がアルコールの摂取量(適量)についてでした。

お酒は適量飲むのが一番のお勧めです。

ほどほどに飲むのが、健康に良いお酒の飲み方です!