ドライノーズ対策にはワセリンで元から治す!

最近「ドライノーズ」というのが流行しており悩んでいる方も多いようです。

冬にはやはり乾燥の季節なのでこういったものが流行りやすいんでしょうーね。

なのでまず、ドライノーズというものが何かをご説明しましょう。

ドライノーズとは?

ドライノーズとは、その名のとおり「鼻の乾燥」です。

目の乾燥はドライアイといいますがその鼻版といった感じだと思っておいてください。

ドライノーズの原因は空気です! それも乾燥した空気!

その乾燥した空気を鼻で吸ってしまうことで鼻の中の水分が無くなりドライノーズになってしまうというわけです。

この乾燥した空気というのはそのと空気だけではなくて、部屋の空気も関係してきます。

部屋の空気だって乾燥しますよね?なので一定の湿度を保つことが大事なんです!

加湿器があれほど売れるのはこのためだったんですね!

この世にある乾燥と言われるものの大半が湿度で解決するものばかりです。

とりあえず、ドライノーズの原因が乾燥だということがわかりましたのでドライノーズの症状についてご紹介していきたいと思います!

ドライノーズの対策はやはり保湿!

ドライノーズを防ぐには、やはり保湿加湿が大事になってきます!

なのでドライノーズ対策のおすすめのやり方をご紹介したいと思います!

加湿器で部屋の湿度を一定に保ち乾燥を防ぐ

加湿器を使うことで部屋の湿度を一定に保ちましょう!

今のは高性能なのでダニとかカビとかはあまり気にしなくてもいいと思います!

一応湿度設定でオススメなのは50~60%ほどらしいですよー!

100円だけで作れちゃう加湿器があるって知ってた?
節約手軽加湿器がいま話題みたいですよー! どれくらい節約なのかっていうと? なんと「100円」で作れちゃいます! ...

長めに入浴してみる

ドライノーズの対策で大事なのは湿度です!

では湿度を高い場所はどこか?というとそれはお風呂です!

お風呂は湯気によって湿度がものすごく高いのでフルパワーの加湿機っていう感じですね。

鼻が乾燥している時はお風呂の湯気で鼻の中を潤してあげましょうー!

お湯を口に含む

ドライノーズは鼻の中が乾燥しているのが原因ですよね。

だからお湯を口に含んで中から加湿してあげましょう。

鼻と口は繋がっているのでこれでも十分効果はあると思います。

ぬるくなったら飲む!これを繰り返すだけでも違いますよー!

お茶とかでもOKです!
ただコーヒーとかは止めたほうがいいかも~

食塩水で鼻水を出す

食塩水を鼻の中に少し入れると塩の刺激で鼻水が出るみたいです。

ドライノーズは鼻水が出ない病気でもあるので改善法としては有効ですね。

ただ入れすぎるとヤバイので、スポイトみたいなのがあるといいですね。

もし「スポイトがないよ~」って人にはどのご家庭にもある代用品をおすすめします!

それは「ストロー」です!
ストローを食塩水に少し入れ飲む方を指で押さえます。そうするとストローの中にある食塩水は外に出ません!なのでスポイトの代わりとして使えるんです!

使い方は鼻の中にストローの先端を入れたら指を離すだけ!量が多いと痛いのでできるだけ少ない量で試しましょう。2回~3回するのをおすすめします。

使う食塩水は水100mlに対して塩が1gです!
よく溶かしてから始めましょう。

マスクで鼻を保湿!おすすめはぬれマスク!

マスクをすることでのどや鼻を加湿することができるようです。

それで私のおすすめは「のどぬ~るぬれマスク」です!

マスクが濡れているので湿った空気を吸うことができますね!

しかも10時間も加湿しているので十分鼻を潤してくれます! 風邪予防にも効果的ですよ~。

鼻の乾燥にはワセリンで対策をする!

みなさん「ワセリン」という塗薬をご存知でしょうか?

薬といっても、保湿クリームのようなものです!

ボディクリームやハンドクリームなどとしても使われるものなんですが

これが、鼻に塗るとドライノーズ対策になるんですって!

ワセリンは人工皮膚のようなもので完全に乾きはせずに膜をつくって皮膚を保護してくれるんです!

なので、鼻うがいとかの鼻に直接水分を与えるよりも効果的なんです!

使い方は簡単でただ綿棒ぬすこし付け、鼻の中に優しく塗るだけです!

↓日本製のワセリンですよー!

まとめ

以上が、ドライノーズについてでした!

鼻というのは大事なところです。 大切にしましょう。

喉も大事ですが、鼻の加湿、保湿もお大事に!

あとドライノーズの症状についてよく知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

鼻の乾燥!ドライノーズの症状は結構辛かった!
鼻が乾燥が慢性的に続いてしまう病気をご存知でしょうか? それは「ドライノーズ」と言います。そしてドライノーズは結構症状が辛いんですよ! では、その症状をご紹介しましょう。