爪もみの効果とやり方をわかりやすくご紹介!

シェアする

今回は爪もみの効果とやり方についてご紹介したいと思います。

爪もみとは、爪を揉むだけで
自律神経が整えられる効果が得られるということで話題になっている健康法です。

実際に「爪もみ健康法」として雑誌やテレビ何かにも取り上げられたことがあるとか?

そんな爪もみについてわかりやすくご紹介致します。

爪もみの効果

爪とは「第二の脳」と言われるくらい神経がいっぱい詰まっている場所です。

そこを揉むことで様々な神経を刺激することができると言われています。特にその中でも一番効果が高いのが「自律神経」と言われる神経です。

自律神経は今何かと耳にする機会も多くなっている言葉ですね。そんな自律神経を整えると一体どんな効果が得られるのでしょうか?

血圧が低下

自律神経は血圧に関係している神経だと言われていて、乱れていると血圧が上昇するし整えっていると血圧が低下すると言われています。

なので爪もみで自律神経を整えると血圧が下がり、高血圧対策になるのです!

血圧が高めの方は血圧を下げるために爪もみをした方が良いという医師もいる。

ただ目に見える程の効果は期待できません、誤差程度の効果だと思ってください。

免疫力が上昇

自律神経を整えると免疫力が高まります。

免疫力が低下する一番の原因は「ストレス」だとも言われています。

ストレスを解消する方法の一つとして自律神経を整えるという方法があるので、爪もみで自律神経を整えることが出来ればストレスも解消していくと言われているんですね。

快眠効果

自律神経を整えると夜中は副交感神経が活発になります。

副交感神経が優位の状態で就寝すると熟睡出来るので快眠効果がありますね。

ぐっすり眠りたいなら爪もみはおすすめ!

リラックス効果

自律神経を整えると副交感神経が優位になります。

そうすると体と心はリラックスするので、リラックス効果があります。

心を落ち着かせるためにも爪もみは良い。

爪もみのやり方

爪もみのやり方ですが、特にありません。

ただ単に爪を親指と人差し指で押してあげるだけで爪もみできます。

「2秒押して1秒離す」のが一番オススメかな~。

爪もみは押す場所で効果が少し違う

爪もみは押す場所で効果が少し変わります。

その場所とは以下の通りです。

親指

親指は、呼吸器官に効果があります。

なのでアレルギー症状緩和に効くようです。

アトピー性皮膚園や咳、ぜんそくなどに効果がある。

人差し指

人差し指は、消化器官に効果があります。

胃腸に効果がありますね!

潰瘍性大腸炎、十二指腸潰瘍などに効果がある。

中指

中指は、耳の症状に効果があります。

耳に異常があった時症状を緩和します。

耳鳴りや難聴に効果があります。

小指

小指は、循環器に効果があります。

小指には効果がすごく多いです!

脳梗塞、パーキンソン病、物忘れ、不眠、メニエール病、高血圧、糖尿病、

肩こり、腰痛、老眼、動悸、頭痛、腎臓病、頻尿、肝炎、手足のしびれ、肥満、

生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症、更年期障害、顔面神経マヒ、自律神経失調症、

不安神経症、うつに効果があります!

まとめ

以上が爪もみの効果とやり方です。

爪もみは爪を揉むだけで健康効果があります!

そしてやり方も非常に簡単なのでおすすめです!

毎日やる事で効果があるので、続けて行うことが大切ですよ。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今話題のおすすめ記事

ビタミンが吸える電子タバコを実際に購入レビューしたのをまとめています。

またオススメベスト5もご紹介!

詳細ページはこちら

スポンサーリンク