爪もみ健康法の効果とは!?

9710ccb64d3f227e7acf30f7fb466aaf_s

皆さんは爪もみ健康法というのを知っていますか?

爪を揉むだけなのですが、たったこれだけで健康効果があるみたいです。

しかも、親指・人差し指・中指・薬指・小指で効果が違うとか!

ではそんな爪もみ健康法はどんな効果があるのか?

爪もみ健康法の効果

爪を揉むと健康になれると言われています。

そのわけは、爪の生え際には神経が集中していて

第二の脳と言われています!足の裏が第二の心臓というのは聞いたことありますが

まさか手が第二の脳だったんですねー!

爪を揉むと自律神経が安定しリラックス効果があります。

ほかにもこのような効果が!?

爪もみで免疫力向上

爪を揉むと免疫力が上がります。

免疫力が低下する原因って自律神経の交感神経が過度に緊張して

リンパ球が減少するから起きる現象だそうです。

だから、爪を揉むことでその緊張をほぐしてあげる。

自律神経を整える簡単な方法としてこの爪もみがお勧めなんです!

爪もみは実は場所によって効果が変わる?

爪もみは、親指・人差し指・中指・小指によって効果が違います。

ではその指にはどんな効果があるのか?

親指

親指は、呼吸器官に効果があります。

なのでアレルギー症状緩和に効くようです。

アトピー性皮膚園や咳、ぜんそくなどに効果がある。

人差し指

人差し指は、消化器官に効果があります。

胃腸に効果がありますね!

潰瘍性大腸炎、十二指腸潰瘍などに効果がある。

中指

中指は、耳の症状に効果があります。

耳に異常があった時症状を緩和します。

耳鳴りや難聴に効果があります。

小指

小指は、循環器に効果があります。

小指には効果がすごく多いです!

脳梗塞、パーキンソン病、物忘れ、不眠、メニエール病、高血圧、糖尿病、

肩こり、腰痛、老眼、動悸、頭痛、腎臓病、頻尿、肝炎、手足のしびれ、肥満、

生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症、更年期障害、顔面神経マヒ、自律神経失調症、

不安神経症、うつ

に効果があります!

そして、薬指ですが交感神経を刺激してしまうので爪もみはしません!

緊張してしまった交感神経をほぐすのが目的なので!

まとめ

爪もみいかがでしたか?

爪もみのやり方は、10秒を目安に揉みます。

揉み方に特にやり方はないそうです。

みなさんも暇な時に爪もみしてみては?

爪もみは結構気持ちいですよー!